英語の学習メソッド

こんばんは、マサトです。先日のマルタ共和国についての記事は参考になりましたでしょうか。マルタ島は語学留学だけでなく、観光目的で訪れるのもいいと思います。ネットで検索すれば、マルタ島の景色や地中海の美しい海を画像で見ることができます。やはり、現地に行って気候や風土を肌で感じたいですね。そのためにも、トラベル英会話をマスターしておきたいところです。マルタ島の人は、英語が話せるということですが発音はどうなんでしょうか。英語に訛りがあるかどうか知りたいところです。

さて、今日のテーマというかお題ですが、英語の学習メソッドについて話そうと思います。英語の学習メソッドというとカッコよく聞こえますが、端的に言えば、英語学習法のことです。昔から、様々な英語の勉強法があると思います。例えば、スピードラーニングの聞き流すだけという教材です。確か、CDを聞くことで英会話を習得するメソッドだったと思います。CDの英語を聞き流すだけで、英会話が習得できるのなら、こんなに簡単なことはないかもしれません。しかし、スピードラーニングのCD教材はボリュームが多いそうです。それらの教材をすべて消化できれば、相当な英語力が身につくのでしょう。あとは、イーオンなどの駅前留学やオンラインでの英会話レッスンもあります。

個別の英語学習メソッドでは、シャドーイングやロールプレイによる英語学習が効果的だと聞いたことがあります。シャドーイングはネイティブの英語発音の後に続き、自分が同じ発音するというものです。シャドーイングはネイティブに続いて、モノマネをするようなイメージです。ロールプレイは実際の会話のように、対話形式で英会話をすることで、ヒアリングとスピーキングの練習をします。相手の言っていることが聞き取れないとか、英語を話そうと思っても、言葉が出てこないという場合は、英語のロールプレイが有効だそうです。僕も英語で受け答えするときに、言葉に詰まってしまうことがよくあります。英単語を覚えたり、文法や構文を暗記するだけでは駄目で、英会話をマスターするのは、思ったよりも大変だと実感します。